小説を読もう「死神の精度 伊坂幸太郎」の言葉表現 - ○○のおかげで人生が一段と楽しくなった
FC2ブログ

記事一覧

最新記事

誓約 Sep 22, 2020
昔話はひさしぶりの心の清涼剤になった Sep 19, 2020
ぽんという破裂音とともに中に入っている液体がざわめくように発泡する Sep 17, 2020
瞳を包む潤みが、彼の感情に押し出されるようにして静かにこぼれた。そして、きれいな筋を作って頬を伝っていった Sep 17, 2020
小さな光として彼方から現れた電車は、だんだんとその姿を大きくしながら近づいてきた。そしてホームに車体を沿わせて、ゆっくりと駅に入った Sep 17, 2020
「あ、うん、そうそう」と上滑りするような口調で反応した Sep 17, 2020
感情が一気に沸点を超え、薄笑いのように引きつっていた彼の頬に、私の手のひらが飛んだ。乾いた音がなった Sep 17, 2020
自分の口をつく、ため息の味がした Sep 17, 2020
私の中でずいぶん低いところから出てきた Sep 17, 2020
銀杏の葉が黄色く染まって、歩道の端々に吹きだまっている Sep 17, 2020
ごちゃごちゃした景色が間延びするようにゆったりとしてきた Sep 17, 2020
クローズド・ノート 雫井脩介 おすすめ小説 Sep 17, 2020
2020年9月に読んだおすすめ小説ランキング Sep 17, 2020
彼は顔の強ばりをほぐすように瞬きしたあと、ふっと苦笑いを見せた Sep 17, 2020
シルエットを絞った細身のブラックスーツに、つま先の長い革靴。髪は整髪剤で後ろに撫でつけてあるり、毛先のパーマがアクセントとなっている Sep 17, 2020

カテゴリ

おすすめの本  父からの手紙 小杉健治

おすすめの一冊 ラストレシピ

おすすめの一冊 夏美のホタル

フリーエリア