やや茶色みを帯びた虹彩の中心にある瞳は、寸分のずれもなく彼の目を捉えていた - 読書を趣味に
FC2ブログ

記事一覧

最新記事

浅倉卓弥さんの四日間の奇蹟の名言 Dec 13, 2022
霧のような小さなつぶが空気に貼りつけられたように漂っていた Dec 09, 2022
水滴が曇りガラスを這うように流れている Dec 08, 2022
ところどころにたまった朝露が、芝の合間できらきらと輝きを放っているのがわかった Dec 07, 2022
まるで木漏れ日を映した水面のように、空全体が輝いていた Dec 07, 2022
甘エビのとろーっとしたのや、つぶ貝のこりこりっていうのとか Dec 05, 2022
茶色いソファに同系色のテーブルという調度だった Dec 05, 2022
破裂した赤はあっという間に空に広がって Dec 05, 2022
もの凄い力で奥歯を噛み締めていた。自分の顎ではないみたいだった Dec 05, 2022
原田マハさんのリーチ先生に出てきた名言 Dec 04, 2022
リーチ先生 原田マハ おすすめ小説 Dec 04, 2022
吐き出した煙さえ空疎さを楽しんでるようで、 Dec 04, 2022
泡立てたクリームのようなやわらかな雲が浮かんでいる Dec 03, 2022
星を宿したようにきらめくシンシアの瞳 Dec 03, 2022
シンシアの瞳が、潮風になでられた水面のように、かすかに揺らめいた Dec 03, 2022

カテゴリ

おすすめの本  父からの手紙 小杉健治

おすすめの一冊 ラストレシピ

おすすめの一冊 夏美のホタル

フリーエリア