頬や唇がとろけるようなピンク色で、はっとするほど女らしい - 読書を趣味に
FC2ブログ

記事一覧

最新記事

Jan 31, 2023
浅倉卓弥さんの四日間の奇蹟の名言 Dec 11, 2022
四日間の奇蹟 浅倉卓弥 おすすめ小説 Dec 11, 2022
まるで雲そのものが光を放っているような錯覚さえ感じさせた Dec 10, 2022
筆でそっと一撫でしたような形状のそれは Dec 10, 2022
山が連なって小さな山脈をなしているのが、まるで空に浮いているようだった Dec 10, 2022
その一画に染み出した赤がみるみるうちに領域を広げ、ある一点を境に周囲に青を生み出した Dec 10, 2022
窓の片隅に赤が生まれていた Dec 10, 2022
立ち上がって覗いた窓の外はまだ夜の闇が勝っている Dec 10, 2022
紫煙が舞って、蛍光灯の光を受けて漂った Dec 10, 2022
霧のような小さなつぶが空気に貼りつけられたように漂っていた Dec 09, 2022
水滴が曇りガラスを這うように流れている Dec 08, 2022
ところどころにたまった朝露が、芝の合間できらきらと輝きを放っているのがわかった Dec 07, 2022
まるで木漏れ日を映した水面のように、空全体が輝いていた Dec 07, 2022
甘エビのとろーっとしたのや、つぶ貝のこりこりっていうのとか Dec 05, 2022

カテゴリ

おすすめの本  父からの手紙 小杉健治

おすすめの一冊 ラストレシピ

おすすめの一冊 夏美のホタル

フリーエリア