気の強そうな味噌っ歯が唇から覗き - ○○のおかげで人生が一段と楽しくなった
FC2ブログ

記事一覧

最新記事

柚木麻子さんの本屋さんのダイアナの表現、描写 May 10, 2021
押しつぶされそうな湿度とスクランブル交差点のもやもやと湯気の出るような人いきれに May 09, 2021
身体の柔らかい部分が次々に切り裂かれたように痛み May 09, 2021
きんと冷たく、するすると面白いように喉をすべり落ちていく May 09, 2021
身体中の血が暴力的にかき集められ、心臓目がけて迫ってくる May 09, 2021
全身が錆びてぼろぼろとはがれ落ちていくような敗北感を味わった May 09, 2021
唇を噛み、涙のたまった目で父を睨み付けた May 09, 2021
並木道の青葉が照らされて香ばしい匂いを放つ May 09, 2021
少し前までは黄金色だったイチョウの葉がすっかり落ちて、細い枝が寂しく揺れていた May 09, 2021
不躾な視線を投げかけ、にやっと笑った May 09, 2021
明るい茶色の髪に無精髭、色艶の悪い顔は二十代とは思えない May 09, 2021
青い光の中、小さな竜のように天井に昇っていくそれをしばらく見つめていた May 08, 2021
一羽の鳩がぐるぐると喉を鳴らし、淡いピンク色の胸をのけぞらせた May 08, 2021
複雑な骨組みとのど仏が浮いていた May 07, 2021
コロッケを取り出し、さくりと歯を立てた。じゃがいもはほくほくと甘く、衣は香ばしい May 07, 2021

カテゴリ

おすすめの本  父からの手紙 小杉健治

おすすめの一冊 ラストレシピ

おすすめの一冊 夏美のホタル

フリーエリア