古時計の秒針が、結論を強いるように時を刻んでいた - ○○のおかげで人生が一段と楽しくなった
FC2ブログ

記事一覧

最新記事

坂木司さんのウィンター・ホリデーに出てきた名言 Jan 16, 2021
小説から表現、描写を学ぶ。坂木司さんのウインター・ホリデーより Jan 16, 2021
鞭のような声が飛んで来た Jan 15, 2021
どこもかしこも、塗りつぶしたように真っ白 Jan 14, 2021
前髪ぱっつんの短めおかっぱヘア。細い首。意志の強そうな目 Jan 14, 2021
とくとくとくと小気味の良い音が鳴り響くと、皆も口を閉じた Jan 14, 2021
喉を滑り落ちる酒のきりりとした風情に、俺は思わず目を閉じる Jan 14, 2021
手足がバラバラに動いているロボットのような気分で Jan 14, 2021
隣で揺れる、小さなつむじ Jan 14, 2021
香りが抜群によくて、喉ごしは辛口。でも飲んだあと、なぜか口の中がほんのり甘いんです Jan 14, 2021
浅田次郎さんの日輪の遺産より表現、描写を学ぶ Jan 12, 2021
唇はわなわなと震えていた Jan 11, 2021
荒れ果てた工場が建ち、どんよりと風の動かぬ、モノクロフィルムのような風景の中に Jan 11, 2021
言葉より先に両手で机を叩いた Jan 11, 2021
春の光と風の中で揮発してしまうような気分になった Jan 11, 2021

カテゴリ

おすすめの本  父からの手紙 小杉健治

おすすめの一冊 ラストレシピ

おすすめの一冊 夏美のホタル

フリーエリア