記憶のクローゼットの扉を開きます - ○○のおかげで人生が一段と楽しくなった
FC2ブログ

記事一覧

最新記事

ルパン May 20, 2021
肩を波立たせていた May 18, 2021
限界近くまで擦り切れてしまっている寺尾の神経を尖った爪で掻き回した May 18, 2021
横山秀夫さんのルパンの消息の表現、描写 May 18, 2021
ゼンマイが切れた人形のようにゆっくりと首を垂れた May 17, 2021
曖昧に視線を動かした May 16, 2021
胎児の沈黙とでも呼ぶべき無垢な姿だった May 16, 2021
ざらついた皮膚は砂漠に生息する爬虫類か何かのように硬質化してしまっている May 16, 2021
恨めしそうな視線を投げていた May 16, 2021
赤い歯茎を見せた May 16, 2021
金と銀だらけの歯を剥きだした May 16, 2021
スープをゴクゴクと飲みはじめた。最後は顔が隠れてしまうほど丼を傾け、スープが口から溢れた May 16, 2021
ちらほら灯の点きはじめた飲み屋街を抜け、細い路地に入ってくねくね行くと、 May 16, 2021
陽は既に陰り、冷たい風が行き場のない枯れ葉を巻いていた May 16, 2021
脳の皺の一部と化して藤原の意識の奥深くに今も留まっているはずだ May 14, 2021

カテゴリ

おすすめの本  父からの手紙 小杉健治

おすすめの一冊 ラストレシピ

おすすめの一冊 夏美のホタル

フリーエリア