庭先からさし入る初夏の陽光が、ややコンケープされた喪服の肩を隈取っている - ○○のおかげで人生が一段と楽しくなった
FC2ブログ

記事一覧

最新記事

原田マハさんの旅屋おかえりの表現、描写 Nov 27, 2021
硬く張っていた氷が割れたような、冷たい衝撃が胸の中に走った Nov 26, 2021
会長の瞳の奥に、光がふっと揺らめくのが見えた Nov 26, 2021
シャンパングラスを金色の液体が満たしていく Nov 26, 2021
相変わらずの能面フェイスが、いっそう作り物っぽく貼り付いている Nov 26, 2021
白髪をうっすらと紫色に染めて、上品なベージュの着物に身を包んでいる Nov 26, 2021
朝露がこぼれ落ちるように、眦(まなじり)から涙のしずくが伝って落ちた Nov 24, 2021
霞のような桜の群れは、しんとして美しかった Nov 24, 2021
風に撫でられた湖面のようにきらめいている Nov 24, 2021
ソメイヨシノは雨に濡れそぼって、七分咲きの枝をさびしげに揺らしていた Nov 24, 2021
重たく、湿った母の声が響く Nov 22, 2021
室内には時計の秒針が時を刻む音だけが響いている Nov 21, 2021
東野圭吾さんの沈黙のパレードの表現、描写 Nov 21, 2021
空っぽの頭の中で、がらんがらんと音を立てた Nov 21, 2021
沈黙のパレード 東野圭吾 おすすめ小説 Nov 21, 2021

カテゴリ

おすすめの本  父からの手紙 小杉健治

おすすめの一冊 ラストレシピ

おすすめの一冊 夏美のホタル

フリーエリア