頭の中をちらちらと行ったり来たりして離れなかった。 - ○○のおかげで人生が一段と楽しくなった
FC2ブログ

記事一覧

最新記事

名言 坂木司さんのワーキング・ホリデーより Dec 05, 2020
坂木司さんのワーキング・ホリデーの表現、描写 Dec 05, 2020
まんじゅうのような笑顔をふりまきながら Nov 29, 2020
制服のストライプがおかしな曲線を描いている Nov 29, 2020
フランクフルトみたいな指を見つめてため息をついた。このさよなら人類みたいなおっさん Nov 29, 2020
俺たちは二人で茜色の街に出た Nov 29, 2020
夏特有のむっとする空気が肺になだれ込む Nov 29, 2020
言いながら濃いつけ睫をばさりと揺らして、パンツスーツの腰に手を当てる Nov 28, 2020
男のくせに細くて困ったような眉 Nov 28, 2020
薬丸岳さんの闇の底の表現、描写 Nov 27, 2020
闇の底 薬丸岳 おすすめ小説 Nov 27, 2020
2020年11月に読んだおすすめ小説ランキング Nov 27, 2020
午後五時を過ぎた公園は陽が陰り始めて、錆びついた滑り台がもの悲しそうに佇んでいる Nov 25, 2020
白い視線が突き刺さった Nov 23, 2020
記憶の引き出しにしまったはずの映像が、また網膜に、蘇ってきたのだ Nov 23, 2020

カテゴリ

おすすめの本  父からの手紙 小杉健治

おすすめの一冊 ラストレシピ

おすすめの一冊 夏美のホタル

フリーエリア