記憶の扉はかたかたと振動している - ○○のおかげで人生が一段と楽しくなった
FC2ブログ

記事一覧

最新記事

原田マハさんの暗幕のゲルニカの表現、描写 Jan 23, 2021
口もとに苦い笑いがさざ波のように寄せてきた Jan 21, 2021
何かとても即物的な「交わり」であって、情愛は少しも感じられなかった Jan 21, 2021
絶望とあきらめが黒煙のように広がった Jan 21, 2021
瞳は黒曜石のように輝いている Jan 21, 2021
液体が熱をもった蛇のように喉もとを落ちていった Jan 20, 2021
太い眉の下の目を細めて返した Jan 20, 2021
水蒸気に包まれた上空はふんわりとやわらかに白くかすんでやさしい色に染まっていた Jan 20, 2021
光を宿した真剣な瞳で Jan 19, 2021
銀色の表面を朝日に反射させてまばゆく照り輝いている Jan 19, 2021
妖しい光を放つ飛行船にも似た美術館の巨大な建築が現れた Jan 19, 2021
空気はきんと冷えて、吐く息は白く見えたが、クリスマスを待ちわびる人々の顔は輝いていた Jan 19, 2021
再び悪い予感が疾風のように胸の中に吹き込んでくる Jan 18, 2021
常緑の木々にこんもりと生い茂る庭の奥に石造りの瀟洒な館が現れた Jan 18, 2021
この世の闇と光、すべての真実を見抜く智の結晶のような瞳 Jan 18, 2021

カテゴリ

おすすめの本  父からの手紙 小杉健治

おすすめの一冊 ラストレシピ

おすすめの一冊 夏美のホタル

フリーエリア