清濁(せいだく)とは? 小説に出てきた難しい言葉 - ○○のおかげで人生が一段と楽しくなった
FC2ブログ

記事一覧

最新記事

全身を巡る濁った気持ちが、血管からどろどろと滲み出てくる Jul 10, 2020
静かになってしまった空気をぺろりとめくるような声を出して Jul 10, 2020
花が咲くようにすぐに頬をゆるませた Jul 10, 2020
口の中で水分を失ってぱさぱさと崩れたアジを、じっくりと咀嚼する Jul 10, 2020
ただいま、という私の声だけが、ころころと誰の足音もしない床に転がる Jul 10, 2020
夏祭りのビー玉のような瞳の中に、俺がそのままきれいに映っている Jul 10, 2020
ぶらんこのように、ゆらゆらと小さく揺れるいつもの声 Jul 10, 2020
小説から学ぶ表現、描写 朝井リョウさんのもういちど生まれるより Jul 10, 2020
ゲリラ豪雨のような勢いでため息をついて Jul 08, 2020
ブラックコーヒーの苦みがそのままこびり付いたような眉間のしわだけが Jul 07, 2020
音符がそのまま音になったような声 Jul 07, 2020
やさしさが膜を張ったような瞳をしてあたしのことを見ている Jul 07, 2020
魚から出るあぶらは肉のそれと違ってやさしいにおいをしている Jul 07, 2020
青く澄んだ声を放ち Jul 07, 2020
宝石みたいに光る長い黒髪と、アイラインもいらない猫のような強い瞳 Jul 07, 2020

カテゴリ

おすすめの本  父からの手紙 小杉健治

おすすめの一冊 ラストレシピ

おすすめの一冊 夏美のホタル

フリーエリア