小川洋子さんの「博士の愛した数式」 - ○○のおかげで人生が一段と楽しくなった
FC2ブログ

記事一覧

最新記事

湿った声でそんなふうに言った Sep 30, 2020
胃に鈍い差し込みを覚えながら Sep 30, 2020
誰かの視線が自分のうなじを撫でた…… Sep 30, 2020
小柄で華奢な身体つきをした女たった Sep 30, 2020
タイル張りの大きな家だった。表門は閉ざされ、車庫のシャッターも下りている Sep 30, 2020
新聞社(ぶんや)のデスクのようなぎらついた話し方をする Sep 29, 2020
睨(ね)めつけるような眼つきの悪さ Sep 29, 2020
2020年9月に読んだおすすめ小説ランキング Sep 29, 2020
危険なビーナス 東野圭吾 おすすめ小説 Sep 28, 2020
上品な顔立ちで、金縁の地味なデザインの眼鏡はいかにも元教師という感じだ Sep 26, 2020
胸の内を見透かそうとでもするような鋭い視線 Sep 26, 2020
唇に浮かべた笑みには企みが満ちているようだ Sep 26, 2020
白く靄のかかった記憶が、弱々しく形を作り始めた Sep 26, 2020
門扉が錆びた小さな門、形ばかりの庭があり、その先に玄関ドアがあった。ドアまでのアプローチに置かれているのは、四角い石がたったの四枚 Sep 26, 2020
両手の拳を胸の前で合わせ、嬉しそうな声を発した Sep 23, 2020

カテゴリ

おすすめの本  父からの手紙 小杉健治

おすすめの一冊 ラストレシピ

おすすめの一冊 夏美のホタル

フリーエリア