おすすめ小説 『逃走』 薬丸岳 - ○○のおかげで人生が一段と楽しくなった
FC2ブログ

記事一覧

最新記事

小説に出てきた名言 小川糸さんの食堂かたつむりより Jun 06, 2020
小説から学ぶ表現、描写 小川糸さんの食堂かたつむりより Jun 06, 2020
声は艶やかで品があり、表面のデコボコやザラザラをすべて紙やすりできれいに磨いたようだった Jun 05, 2020
春の陽だまりみたいな優しい声で Jun 05, 2020
羊の脂の融点が低いので後味がさっぱりしいくら口に入れて噛んでも、飲み干した数秒後にはふぅっとそよ風にさらわれるように姿を消してしまう Jun 05, 2020
中に詰めていたごぼうやもち米から、上等な鶏のスープを含んだふくよかな匂いのする湯気が立ち上る Jun 05, 2020
甘鯛は約半日昆布で締めたものに、塩とオリーブオイルをかける Jun 05, 2020
牡蠣の殻をこじ開けると、ぷっくりとした大きな身が現れる Jun 05, 2020
クラゲのような薄い雲が広がっている Jun 05, 2020
生みたての卵の黄身みたいな、ツルンとした濃いオレンジ色の太陽 Jun 04, 2020
カラフルなマーブル模様ができている Jun 04, 2020
玉ねぎの薄皮みたいに半透明の薄い雲の膜が、ぴったりと貼り付いている Jun 04, 2020
写真を現像するようにじっくり時間をかけて甦ってくる Jun 04, 2020
涙がこぼれ落ちそうになったけれど、喉の辺りでせき止められた Jun 04, 2020
自分の声が透明になっている、ということを Jun 04, 2020

カテゴリ

おすすめの本  父からの手紙 小杉健治

おすすめの一冊 ラストレシピ

おすすめの一冊 夏美のホタル

フリーエリア