時の表現、描写 - ○○のおかげで人生が一段と楽しくなった
FC2ブログ

記事一覧

最新記事

ささやかだが確実な幸福と握手をした Oct 21, 2020
濡れた睫毛を透かしてかがよう朱の光 Oct 21, 2020
小説に出てきた名言 浅田次郎 椿山課長の七日間 Oct 21, 2020
椿山課長の七日間 浅田次郎 おすすめ小説 Oct 21, 2020
恋人たちを乗せた車のテールランプが、悲しみをあざわらうように過ぎていく Oct 21, 2020
ヤスの顔にはたちまちドロドロと簾(すだれ)がかかった Oct 21, 2020
ローマ彫刻のように端正な顔を寄せて Oct 21, 2020
2020年10月に読んだおすすめ小説ランキング Oct 21, 2020
庭先からさし入る初夏の陽光が、ややコンケープされた喪服の肩を隈取っている Oct 20, 2020
瞼は三日月の形に和んでおり、口元には微笑が戻っている Oct 20, 2020
明晰な表情がふいに毀(こわ)れた。奥歯が軋むほどに唇を引き結び、きっかりと椿を見据えたまま陽介は答えた Oct 20, 2020
憤りとはうらはらに三日月のような目をしていた Oct 20, 2020
通い慣れた並木道が続く。プラタナスの葉に風が渡って、Tシャツの肩を滴が濡らした Oct 20, 2020
街路樹とグリーンベルトを贅沢に調(あつら)えた道路は渋滞することがなく Oct 20, 2020
父は筋張った大きな掌を挙げた。痩せた長身のたたずまいは Oct 20, 2020

カテゴリ

おすすめの本  父からの手紙 小杉健治

おすすめの一冊 ラストレシピ

おすすめの一冊 夏美のホタル

フリーエリア