海の描写をおすすめ小説から学ぶ - ○○のおかげで人生が一段と楽しくなった
FC2ブログ

記事一覧

最新記事

小説に出てきた名言 小川糸さんの食堂かたつむりより Jun 05, 2020
小説から学ぶ表現、描写 小川糸さんの食堂かたつむりより Jun 05, 2020
生みたての卵の黄身みたいな、ツルンとした濃いオレンジ色の太陽 Jun 04, 2020
カラフルなマーブル模様ができている Jun 04, 2020
玉ねぎの薄皮みたいに半透明の薄い雲の膜が、ぴったりと貼り付いている Jun 04, 2020
写真を現像するようにじっくり時間をかけて甦ってくる Jun 04, 2020
涙がこぼれ落ちそうになったけれど、喉の辺りでせき止められた Jun 04, 2020
自分の声が透明になっている、ということを Jun 04, 2020
色鉛筆で描いた風景画を上から消ゴムで消したみたいに、全体的に白っぽく色褪せていた Jun 04, 2020
頭の中をちらちらと行ったり来たりして離れなかった。 Jun 04, 2020
祖母の、青い血管の浮き出た真っ白い手。丸く小さな背中。 Jun 04, 2020
祖母と過ごした日向ぼっこのような毎日が、ふわふわと泡のように甦った Jun 04, 2020
生地の中にケシの実を入れ、シナモンと黒砂糖をまぶした優しい味 Jun 04, 2020
薄暗闇に浮かぶ儚げな虹のようなものだった Jun 04, 2020
真っ黒い闇の中に、自分の顔が映っている Jun 03, 2020

カテゴリ

おすすめの本  父からの手紙 小杉健治

おすすめの一冊 ラストレシピ

おすすめの一冊 夏美のホタル

フリーエリア