夏の表現、描写をおすすめ小説から学ぶ - ○○のおかげで人生が一段と楽しくなった
FC2ブログ

記事一覧

最新記事

椿山 Oct 21, 2020
庭先からさし入る初夏の陽光が、ややコンケープされた喪服の肩を隈取っている Oct 20, 2020
瞼は三日月の形に和んでおり、口元には微笑が戻っている Oct 20, 2020
明晰な表情がふいに毀(こわ)れた。奥歯が軋むほどに唇を引き結び、きっかりと椿を見据えたまま陽介は答えた Oct 20, 2020
憤りとはうらはらに三日月のような目をしていた Oct 20, 2020
通い慣れた並木道が続く。プラタナスの葉に風が渡って、Tシャツの肩を滴が濡らした Oct 20, 2020
街路樹とグリーンベルトを贅沢に調(あつら)えた道路は渋滞することがなく Oct 20, 2020
父は筋張った大きな掌を挙げた。痩せた長身のたたずまいは Oct 20, 2020
椿山課長の七日間 浅田次郎 おすすめ小説 Oct 20, 2020
各駅停車は懐かしい小駅のホームで、いちいちあくびでもするようにドアを開けた Oct 19, 2020
部屋は眠れぬ街の虹色に染まっていた Oct 18, 2020
凍った唇だけで言った Oct 18, 2020
生ぬるい夜に歩みこんだ Oct 15, 2020
愁眉(しゅうび)を開く という感じで男は微笑み Oct 15, 2020
定年オヤジ改造計画 垣谷美雨 おすすめ小説 Oct 15, 2020

カテゴリ

おすすめの本  父からの手紙 小杉健治

おすすめの一冊 ラストレシピ

おすすめの一冊 夏美のホタル

フリーエリア